蘇 る ヨ ッ ト

FRPヨットの寿命は25年と言われていますが、レストアする事で遙か長期に寿命を延ばすことが出来ます。

1.費用的に新艇購入は無理

2.色々と傷んでいるが、レストアで蘇るなら

3.ハルのオズモシスが気になるし、デッキのゲルコートも白い粉が出てきた

4.装備の追加のついでに

5.乗れる時間が10年ぐらいだけど、このままではトラブルだらけ

6.リギンやセールが耐用年数が来てしまった

等々 色々な悩みで相談に来られます。

今回の YAMAHA29センターコクピット の艇も30年の経過でかなり痛みが激しかったのですが、今回レストアにより蘇りました。

メインセールをスタックパック式のWOODYセールで新調し、デッキフル塗装、ハルフル塗装、マスト・ブームフル塗装、リギン全て交換、シート交換、オズモシス修理、入り口差し板2分割ニス仕上げ、コクピットデッキチーク補修 等 1ケ月かけてフルメンテナンスしました。

それでも上下架費や船台使用料、クレーン2回、船底塗装の全てを含んで費用は150万です。

 

レストア前の姿

よくぞこれだけ貝を飼った物です。 羊の毛を刈るように剥がれて笑ってしまいました。

 

ハルはゲルコートがかなり痛み、光沢は全く有りません。

サンディングして、エポキシパテで補修していきます。

バウはかなり擦っていて、ガラスがむき出しになっていましたが、これもエポキシで補修していきます。