WOODY日記

足立ヨット造船での色々な出来事やお知らせを日記です。

今年 足立ヨット造船 設立20年を迎えます。

多くの方にご支援いただき、ここまで無事に来られました。

そのお礼として、色々と企画していこうと思います。

第1段として、 ビックリ価格の 「カラーレーダー」 をご提供しようと企画しました。

http://www.koden-electronics.co.jp/jpn/marine/mdc/index.html

メーカーHP MDC-921 8.4”TFTカラー 2Kw 免許不要

メーカー希望価格は483,000円です。

一般業販価格より安価に提供します。

但し 先着20台のみの限定販売でしたが、後数台のみとなりました。

購入された方達はその価格にビックリ、喜び です。

左 お問い合せ より連絡下さい。 氏名と電話番号は必ず記入下さい。

此方から「特別ビックリ価格」を連絡させていただきます。

本当にあり得ない価格での提供ですので、いつかはレーダーをと考えて居られる方にとっては、朗報だと思います。

第2回の20周年はFUSOの商品をビックリ価格で提供する企画を練っています。

これが 15日起工式をした艇の概略図面です。

残念ですが、喫水下はまだ公表できません。

WOODYシリーズの新しい扉を開きます。

WOODYシリーズ、ACTIVEシリーズ の外洋艇

MARVELシリーズのモーターセーラーやトローラーボート

そして今回建造するシリーズはディセーラーに近い高速艇になります。

風と一緒に走る!  シングルハンドの艇で、ハルはマホガニーのニス仕上げ。 カーボンやガラスも1部使用します。

 

久しぶりの起工式です。

岡山に来てからの初めての起工式で、平日にも関わらず、ヨットの仲間が集まってくれました。

カーボンによるコーティング加工の後、パテ打ちを行うのですが、もう1度エポキシ原液でコ-ティングのため、バキューム工法を使用しました。

最近のFRPやカーボンではごく一般的な工法ですが、実際の方法は余り知られていないようです。

まず最初にバキューム部分をマスキングテープで印します。

暖房のため完全に艇をテントで覆います。

世界一周航海中の WOODY 10 「マーベリック2」 の浜田さんが小笠原まで帰ってきました。

建造中のWOODY ACTIVE 87 SALON CRUISER のハルが完了しました。

来週早々にカーボンによるダイニールコーティング加工をします。

薪ストーブがとても良かったので、事務所にも採用です。

事務所は少しだけ奮発して鋳鉄製の薪ストーブです。

船体は赤色に全塗装しています。

 

届いたエントツを組み立てて完成です。

さらに事務所にもと後日設置することを決めました。

ここ岡山備前市は備前焼の古里で、春と秋はエントツからの白い煙がいっぱい上がります。

備前焼は1度窯入れすると1週間かかるそうです。