オーナーさんは顔を紹介できませんので、私が祝詞をあげている姿だけ紹介します。

スループにもケッチにも出来るようにもう1本マストが作ってありました。

ラダーまでも完全に作られています。

スターンコクピットもただ単に形を作っているのではなく、実艇と同じように床まで開くようになっています。

フォアデッキ部分です。

ハル(船体)は実艇と同じストリッププランキングで作られています。

まるで実艇のようです。

外観だけではなく、船内は細かく詳細に作られています。

しっかりとヘッドまで作られています。

これはいただいてしまえば、他の方との協議もスムーズに運びそうです。

来年には関東の海に浮かび、オーナーさんはきっと静かにキャビンで思いを実感されるのでしょう。

本当にオーナーさんのWOODY艇への思いがひしひしと伝わってきます。

私たちがオーナーさんに応えるのは、この10倍のおもちゃを作ることなのです。