チケットへの交換はスムーズに・・・・・・・・・のはずが、積み込み荷物に係の人が困惑。

この時とばかりにグーグルスマホの翻訳機

色々とやりとりには時間が掛かったけど、荷物の重量がオーバーだったと言うことが解りました。

ペガサス航空は17Kgまで

解らない時は何でも良いからカード出せば良いとばかりに無事OK。

搭乗手続きでまたもや荷物検査

トルコは革命が起こったり、色々とテロが有ったりで、空港ではかなり時間取られます。

とまたしてもトラブル

結局色々と機内持ち込み荷物にも部品が入っていたので、「預け荷物にせよ」ときつーいお達し

またカウンターに戻り一生懸命説明するも、女性はチケット見せてもチンプンカンプン

翻訳機にも恥ずかしそうに 「長ーいおしゃべり」 で翻訳は不可能

あれ さっきの男性の方が居ないと見たら、カウンターが1つ違っていました。

慌てて先ほどのお兄さんの所へ行ったら、わざわざ来てくれて説明してくれます。

やっぱりトルコの人は親切です。

ダラマン空港到着

荷物受け取り、レンタカー会社窓口へ

スムーズに手続き終わり、いよいよ人生初の左運転席、右側通行    わりと平気に運転できました。

2回買い物に行ったマルマリス市内のスーパーマーケット