出来上がったハルの修正パテを研磨し、綺麗にぬれ雑巾で拭きます。

ダイニールクロスは白っぽいのですが、真っ黒クロスケ。

今回はカーボンによるコーティングです。

強度を上げるにはバキュームをして100度で暖めるのですが、あくまでコーティングですので、暖房はしますが、あくまでエポキシを固める作業です。

{mosimage}

強度は格段に上がることは勿論、カーボン繊維そのものがかなり安価になってきた事と、エポキシの量がかなり減るので、軽量化と価格面で十分使用することが可能になったからです。

常に進化する艇がWOODYヨットなのです。