最初のお電話ではもしかしたらランナバウトではないかと思ったのですが、船体はFRPのボートでした。

しかしデッキ関係はマホガニーの造作とニスが素晴らしい艇で、船齢は古いのですが、屋内に保管されていたようで、

かなり綺麗な状態です。

綺麗な造作で、職人技が光っていました。

フォアのデッキはマホガニーのバテン張りにしてあり、コーキングの仕上げも非の打ち所がない仕上げです。

ただ経年による劣化が少し見られますので、このメンテナンスの方法をお教えすることになりました。

{mosimage}

とても面白い キール? 私にも余り理解できません。

 

この後三河御津出光マリーナに有る「とうげん}と浜名湖 舘山寺マリーナのmarvel67にお邪魔しました。

帰りは3月の二の舞にならないように、早い目に出発して雪はちらついた程度で、大阪まで帰り、26日朝岡山へ戻りました。

3月はとうげんの帰りに大雪に合い、奈良の山奥を夜中に3時間も雪中を走ることとなったので、経験は貴重です。